家庭用脱毛器での脱毛のメリット・デメリット

家庭用脱毛器で脱毛

家庭用脱毛器は最近どんどん普及してきました。

家庭用脱毛器の種類も増え、自宅で簡単に脱毛を行う方も増えているのでは無いでしょうか。

 

家庭用脱毛器の良い点は、やはり気軽で安いと言う点では無いでしょうか。

 

クリニックでも、エステサロンでも、脱毛を行う時は予約を入れる必要が有ります。
人気のサロンでは、しっかりと予約を入れておかなければ中々施術に向かう事が出来ないでしょう。
一度予約をキャンセルしてしまうと数か月待ちと言う事もあります。

 

しかし、家庭用脱毛器なら自分の好きな時間に、好きなだけ脱毛を行う事が出来るのです。
自分の都合に合わせて脱毛を行う事が出来るでしょう。

 

めんどくささや気恥ずかしさもないのは嬉しいですよね。

 

また、好きな部分の脱毛が出来ます。

 

サロンでの脱毛は、部位ごとに料金が加算されます。
部位を増やせば増やす程、料金は増していくでしょう。
しかし、家庭用脱毛器なら家庭用脱毛器代金さえ支払えばどの部位をどれだけ行っても料金が増える事はありません
とても安い値段で脱毛を行う事が出来るでしょう。

 

しかし、家庭用脱毛器は基本的に自分で脱毛を行わなければいけません。
手の届かない部分や一人では脱毛しにくい部分も出てくるでしょう

 

背中等、見えない部分の脱毛は綺麗に脱毛出来ない事もあるのでは無いでしょうか。

 

また、家庭用脱毛器でトラブルが発生した場合は実費で病院に行かなければいけません。
サロンでトラブルが発生した場合はすぐに対応して貰う事が出来ますが、家庭用脱毛器でのトラブルは自分で対処しなければいけないのです。

 

ここはどうしても家庭用脱毛器のデメリットだといえるでしょう。

 

脱毛ローションや脱毛クリームでの脱毛は?

脱毛クリームやローション

家庭で手軽にできる脱毛として、脱毛ローションや脱毛クリームでの脱毛はどうでしょうか?

 

 

脱毛ローションや脱毛クリームが増えていますね。
脱毛ローションや脱毛クリームは、実際は脱毛と言うよりは抑毛ローション、抑毛クリームになります。

 

抑毛、と言うのは言葉の通り毛を抑制する効果が有ります。
すぐに脱毛する効果はありませんが、使い続けるごとに毛の成長を抑制し、毛をどんどん細くし、毛を生えなくさせる効果が有るのです。

 

脱毛ローションは本当に効果が有るのでしょうか。

 

脱毛ローションの多くは、大豆イソフラボンが配合されています
大豆イソフラボンは、女性ホルモンととても近い成分なのです。
女性ホルモンと似通う成分の大豆イソフラボンを肌に与える事で、毛の抑制効果を得る事が出来るでしょう。
無駄毛はどんどん薄くなっていくのでは無いでしょうか。

 

しかし、抑制効果は本当に少しずつです。
1か月から2か月毎日使い続けてやっと効果が実感出来てくるのでは無いでしょうか。

 

手や顔、お腹等、毛の薄い部分なら効果の実感も早いでしょう。
使い続ける事で脱毛と同じくらいの効果を実感出来るかも知れません。

 

しかし、脇やひざ下等比較的毛の濃い部分は効果を実感するまでに時間が掛かってしまいます。
毛が薄くなる効果を得る事は出来ますが、脱毛ローションのみで脱毛完了する事は難しいでしょう。

 

あくまでも抑毛のためのものであり、永久脱毛ということとは程遠いようです。
ただもともと毛の薄い人で毛の薄い部分なら、使うと使わないではかなり差が出てきます。

 

 

また、脱毛ローションは様々な種類があります。
余り安い脱毛ローションでは抑毛の効果を実感する事が出来ない方も居るでしょう。
反対に刺激が強すぎて肌が荒れてしまうものもあります

 

脱毛ローションで抑毛効果を実感したいのであれば、ある程度信頼の出来る製品を使う事をお奨めします。